GA-08

2.20(Thu) 15:30-16:10

×

産業分野向けRPAの適用例とその留意点

建物設備や電力設備などを対象とする多くの産業分野では、BEMSやFEMSなどと呼ばれる設備運転を目的としたコンピュータが導入されています。 これら設備運転の現場では高齢化や若者離れによる熟練運転員の不足が顕著になっており、従業者が働く環境の改善が急務となっています。 未熟練者向け運転技量の補完や、自動運転による運転代行を行うRPAの活用も期待されています。 ここでは、産業向けにRPAを導入する場合における、それぞれの現場に共通する課題やその適用要件・機能について紹介します。 併せて、建物設備の省エネ自動運転他の実施を例に、その効果についても紹介します。

(株)エネサイバー

代表取締役

小林 昭二

閉じる