YC-07

2.21(Fri) 14:40-15:20

×

残席僅か

完全自動運転制御ソフトウェアの開発・検証を加速するPAVE360

提供メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

自動運転に欠かせないインテリジェントな車両用SoCの検証では、通常のSoC検証に比べはるかに多くの要件を満たす必要があり、検証の正しさは、物理的環境、車両のダイナミクス、さらには乗員の生存可能性のコンテキストを考慮した上で定義される。 メンターが提供するPAVE360というソリューションを適用すると、自動運転用制御ソフトウェア検証の加速が可能となる。本講演では、走行環境とシナリオ、車両モデル、車両制御を行う実チップの設計データを完全仮想空間に取り込むことで、OSを含めた全ソフトウェアスタックから成る自動運転論理を走行シナリオに基づいて検証することが可能となる様子を説明する。

メンター・グラフィックス・ジャパン(株)

テクニカルソリューション営業部
AEマネージャ

神成 明宏

閉じる