• ライブ配信あり

  • オンデマンド配信あり

A02-05

6.11(Thu) 16:20-17:40

×

さくらインターネット田中邦裕のIT戦略2020

「ディープラーニング」「IoT」「ブロックチェーン」などのITパラダイムはすでにビジネスに取り込まれ、相応のインパクトを及ぼすようになってきています。また、GAFA+M/BATに代表される「プラットフォーマーの影響力の増大」、加えてGDPRを始めとする「各国政府の規制」など、グローバルにおけるビジネス環境の変化も無視できない大きなものになってきました。一方で、こうした環境変化をうまくとらえたスタートアップが存在感を増していたり、オープンイノベーションを軸に据える既存の組織が現れてきたりしています。いまや企業の成長戦略自体が、大きな変化を強いられているのです。 そこで本セッションでは、技術者としてレンタルサーバ事業を創業し、同時にさくらインターネット(株)代表取締役社長として働き方改革を進める田中邦裕氏により、いまどきのIT戦略について、「経営者」と「技術者」の両方の視点から展望し議論します。ITの新技術を適用したビジネスの例や、それを実現するための組織改革・働き方改革などとともに、今年はさらに5G・地方・テレワークなどのキーワードも含めて扱います。 (GAFA+M/BAT: Google, Apple, Facebook, Amazon + Microsoft / Baidu, Alibaba, Tencent)
<要旨>

・AI ・IoT ・ブロックチェーン ・働き方改革 ・スタートアップ ・イノベーション ・5G ・地方 ・テレワーク

  • DX・IT戦略
Chair

BBIX(株)

専務取締役 兼 COO

福智 道一

1968年大阪生まれ。 大学卒業後、関西の大手電気工事会社を経て1999年10月ソフトバンク・東京電力・マイクロソフトのJVであるスピードネット発足時に出向の形で参加。 2000年2月ソフトバンクネットワークスへ入社。 法人向けISPであるIPRevolutionの立上げ、取締役技術統括として事業を牽引。 2003年1月ソフトバンクBB 技術本部副本部長ネットワークオペレーションセンター長就任。以後ネットワーク運用本部長などを歴任しソフトバンクのNW運用畑を歩く。 ボーダフォンKK買収やWILLCOM買収でNW運用方面を担当し、この頃からモバイルネットワークの運用を本格的に始める。 2012年5月より現職。 現在はIXという立場から業界全体のサポート役に。 2014年、香港・シンガポール・バンコク進出。2020年より欧米でもサービス開始。日本のみならずFrom アジアの視点でインターネット全体の支え役を目指す。

Speaker

さくらインターネット(株)

代表取締役社長

田中 邦裕

1978年、大阪府生まれ。 学生時代に高専でNHKロボコンに明け暮れるかたわら、学校で触れたインターネットに感動して、1996年にさくらインターネットを学生起業。 当時は珍しかった、インターネットサーバーの事業を開始する。 2005年に東証マザーズへ上場、2015年に東証一部上場。 元々のバックグラウンドはエンジニアでありながらも、自らの起業経験などを生かし、スタートアップ企業のメンターや、IPA未踏のプロジェクトマネジャーとして学生エンジニアの指導等にあたる。 その他、コンピューターソフトウェア協会(CSAJ) 副会長 、日本データセンター協会(JDCC) 副理事長、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)常任理事、ブロックチェーン推進協会(BCCC)副代表理事など、外部活動にも力を入れている。

閉じる