• ライブ配信

  • オンデマンド配信

A05-01

6.16(Tue) 09:30-10:50

×

テック企業と地方振興 〜フォーカス、エコシステム、スパイラル〜

今日、アクセラレータやインキュベータを活用したテック企業の育成・誘致が世界的な規模で進行しています。我が国でも、総花主義から脱却し、「特色ある地方」の創生が重要だという認識が広まりつつあります。

本セッションでは、国内外でのテック企業育成に携わる当事者からの以下のような取り組みの報告を通じ、「それぞれの地方振興における特色あるエコシステム」と「次なる投資へのポジティブ・スパイラル」を浮き彫りにし、テック企業を通じた地方振興のネクストステージを探ります。

<要旨>

・スタートアップ企業による地方振興 ・スタートアップ企業への人材供給と高度人材育成 ・スタートアップ関連政策 ・海外のサイバーセキュリティ・アクセラレータ ・行動力あるテック企業に選ばれる立地とは

  • DX・IT戦略
Chair

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 教授

門林 雄基

Speaker

ウェールズ政府

日本代表事務所 上級外務担当官

岡田 五郎

大手税務事務所での外資企業expat向け税務申告業務を経て、現職であるウェールズ政府・日本代表事務所で日系企業の誘致及び対日輸出促進業務を行う。これまで多くのエネルギー、インフラ、自動車部品・食品製造業等の日系企業による進出プロジェクトに携わる。現在はテックスタートアップ企業の進出サポート、特にウェールズ政府の戦略的重点領域であるサイバーセキュリティ・化合物半導体分野におけるウェールズ関連企業・技術の紹介に注力している。

Speaker

北アイルランド開発庁

日本事務所 北東アジア担当 上席商務担当官

鈴木 香織

駐日英国大使館 国際通商部(DIT)を経て現職。DITにて日本のテクノロジー企業・スタートアップ企業による対英進出支援の経験を活かし、昨年同大使館内に新設された代表事務所にて日本・韓国・台湾と北アイルランド間の貿易・直接投資促進支援を行う。北アイルランドにおけるサイバーセキュリティ、フィンテック等、ナレッジテクノロジー産業の強みを日本国内に広く周知し、スケールアップ企業の誘致に注力している。

Speaker

福岡市住宅都市局九大まちづくり推進部

イノベーション推進・SmartEast担当 課長

的野 浩一

福岡市のスタートアップ政策に一貫して関わる。スタートアップビザや減税などの創業特区、小学校跡地を再利用したフクオカ・グロース・ネクストやスタートアップカフェの整備、海外10カ国・地域とのスタートアップネットワークづくりなどにより、福岡市の開業率を全国一位に押し上げ、福岡市をスタートアップ都市へと推し進めた。平成30年度からは、最先端のイノベーションを集めたスマートシティづくり「Fukuoka Smart East」に取り組んでいる。

Speaker

福岡地域戦略推進協議会

事務局長

石丸 修平

経済産業省入省後、大臣官房政策評価広報課、中小企業庁長官官房参事官室等を経て、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に参画。その後、福岡地域戦略推進協議会(FDC)に転じ、2015年4月より現職。九州大学客員准教授。アビスパ福岡アドバイザリーボード(経営諮問委員会)委員長、Future Center Alliance Japan(FCAJ)理事、九州大学地域政策デザインスクール理事、九州経済連合会行財政委員会企画部会長等を歴任。中央省庁や地方自治体の委員など公職も多数務める。

閉じる