• ライブ配信あり

  • オンデマンド配信あり

A08-03

6.19(Fri) 13:30-14:50

×

いま、知っておきたい脅威インテリジェンス

2020年1月3日、米国によるイランのソレイマーニー司令官への武力攻撃が公表されました。幕開けから「油断できない一年」を予感させる衝撃的な事件でしたが、その作戦には無人攻撃機MQ-9リーパーの利用が報じられています。ある調査によると、無人機のパイロットは、実際にイラクに展開している兵士よりも高い割合でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症しているといいます。これは今に始まったことではないものの、「急速に発達する技術に人間やその心が追いつかない」構図の一例であると言えるでしょう。 そうした「技術に追いつけていない」ことによる「サイバー攻撃」への不安は、その非対称性(攻撃側が優位)も相まって、“データ主導”が拡大していく社会において、ますます大きくなってきています。 本セッションでは、脅威インテリジェンスの考え方と活用について、実務者の立場から「なぜ脅威インテリジェンスが意味を持つのか」「脅威インテリジェンスを活用できる組織とは」を切り口に解説し、攻撃者に対して常に後追いの展開を強いられる標的組織や個人が、より適した状況認識(Situation Awareness)を持てることを目指します。
<要旨>

・なぜ脅威インテリジェンスが意味を持つのか ・脅威インテリジェンスを活用できる組織とは

  • セキュリティ
Speaker

ファイア・アイ(株)

千田 展也

IT業界で20年以上のキャリアを持つ。大手国内メーカーで複数プラットフォームの運用技術開発に従事し、その後外資系最大手メディア・金融企業にて国内外のデータセンター・企業ネットワークを構築・運用するチームのリーダーとしてアジア地域、後にグローバルチームの指揮を任せられる。 また世界最大手のCDN事業者ではセキュリティ ソリューションの提案や国内外のインターネットにおけるセキュリティについての講演を担当した。 現職では脅威インテリジェンス分析官として日本の企業や組織に関する情報の提供および活用の支援に務めている。

閉じる