• ライブ配信あり

  • オンデマンド配信あり

A08-04

6.19(Fri) 15:05-16:25

×

クラウドサービスの光と影 〜オンプレミスは悪?クラウドサービスは正義?〜

クラウドサービスの活用事例が急増してきました。「セキュリティの脅威」が急速に高まり、またITシステムに対する「コストプレッシャー」がより一層強くなる中で、オンプレミスからクラウドサービスへの移行が加速しています。 一方で、「クラウドサービスに移行したことでコストが上がってしまったシステム」「PaaSの多様性に対応するためのマルチクラウド」など、ネイティブクラウドアーキテクチャへの移行にまつわる様々な課題も認められます。 「オンプレミス」と「クラウドサービス」、それぞれをどのように考え、活用していかなくてはならないのか。クラウドサービス活用の失敗、成功事例、ついて来られないSIベンダー問題なども交えながら、「見えてきた課題」と「考えるべきIT像」について、議論を通して明らかにしてきます。
<要旨>

・クラウドサービス活用の失敗事例 ・クラウドサービスの活用において目指すべき姿とは ・変わる組織とSIベンダーとの付き合い方

  • セキュリティ
  • DX・IT戦略
Chair

日本マイクロソフト(株)

業務執行役員 NTO

田丸 健三郎

1992 年マイクロソフト入社。米国 Microsoft Corporation(Redmond)にて、主にメッセージングシステム、ディレクトリサービス、およびグローバル分散処理システムの研究開発を担当。機械学習によるルーティングの最適化、コミュニケーションデータ(自然言語)の分析、モデル化に従事。その後、アジア(日本、台湾、韓国、中国)におけるサーバーアプリケーション製品群の研究開発グループ統括責任者を務めた。現在、同社 業務執行役員 NTO。

Speaker

内閣官房 IT総合戦略室

政府CIO補佐官

満塩 尚史

経済産業省CIO補佐官。公認情報システム監査人(CISA)、理学博士(物理)。 KPMGコンサルティングで、システム監査、ITガバナンスコンサルティング、セキュリティコンサルティング、電子署名法対応コンサルティング等を経験。現在は、経済産業省CIO補佐官、内閣官房 IT総合戦略室 政府CIO補佐官として政府のデジタルガバメント推進及び情報セキュリティ対策を支援。デジタルガバメント技術検討会議技術タスクフォース主査、政府の暗号技術活用委員会メンバーを歴任。

Speaker

PwCコンサルティング(同)

パートナー

川島 健路

国内コンサルティング会社で流通系基幹システムのオープン化プロジェクト等に従事、大手外資系ソフトウェア/クラウドベンダーにて、製造業、公共、金融、コミュニケーションセクタ等のITコンサルティングプロジェクトに関わり、アジアパシフィックエリアのコンサルティングデリバリ責任者として従事したのちにPwCに参画し、マイクロソフトテクノロジーコンサルティングチーム責任者として従事

Speaker

日本マイクロソフト(株)

インダストリーテクニカルストラテジスト

久保田 朋秀

日本マイクロソフトで政府機関のデジタル化に向けた活動に関する業務に従事しながら、経済産業省「クラウドセキュリティガイドライン活用ガイドブック」(2013年)執筆のほか、FISCシステム監査指針改訂検討部会委員として「金融機関等のシステム監査基準」(2019年)の発刊に協力。 JASA-クラウドセキュリティ推進協議会のコア会議メンバーとしてクラウドの管理基準、監査基準等の整備および制度設計に従事し、政府の推進するクラウドサービスの安全性評価に関する検討会 管理基準等WGの専門委員としても活動。CISSP。

閉じる