• オンデマンド配信

GJ2-01

×

Oracle Autonomous Databaseがもたらす データベース管理者(DBA)の働き方改革

提供レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社【公開期間 7/8 10:00 - 8/31 17:00】

ここ数年、多くの企業で働き方改革という取り組みを推進しています。
また、世界的な流行となった新型コロナウイルスの影響を受け、テレワーク等の新たな働き方も注目されています。
一方、企業の情報システム部門においては、数年前からITシステム運用の自動化に取り組み、ITシステムの関係者の働き方の改善に努めてきています。
この流れと並行して、第四次産業革命の技術が国内にも普及し、デジタル技術の活用が注目されています。
そのデジタル技術の中で今まさに注目されているのがAI(人工知能)です。
最近のAIの進歩は、これまで人でしか対応できないと考えられてきたプロセスについてのシステム化の可能性を広げつつあります。
さらに言うなら、到底人では処理しきれないような複雑な条件もシステム化できるようになってきています。
システムの自律的な運用がまさしく、その答えの一つです。
Oracle Autonomous Databaseもデータベース管理者(以下DBA)の生産性の向上を考えた製品でありサービスです。
データベース管理者(DBA)の標準化業務を自動化(自律化)し、個別対応部分の付加価値の高い業務に注力していける環境を整えることが可能となります。よって、データベース管理者(DBA)の生産性は向上し、働き方改革を促進していくことが可能となります。
我々、レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社は、このOracle Autonomous Databaseを推進し、お客様の働き方改革に貢献したい、貢献できると考え、サービスをリリースし、今回のプレゼンテーションで紹介をさせていただきます。

  • 業務自動化

レック・テクノロジー・コンサルティング(株)

グローバルコンサルティング本部 本部長

堀尾 俊明

閉じる