• ライブ配信あり

B-05

10.6(Tue) 13:35-14:15

×

ShowNetの構築と東京大学SD-WANの開発から見る、相互接続性と本当に必要だったもの(仮)

ネットワークを設計し、構築するとき、そこには必ず達成したい目的があります。一方で、もしその目的を達成するのに今あるものだけでは足りないとき、何でもできる巨大なシステムを導入するのは、コストと運用の面からも適切とは言えません。本講演では、講演者がこれまで携わってきた、Interop Tokyo ShowNetにおける最新技術のデモンストレーションと、東京大学におけるキャンパスネットワーク向けSD-WANの開発という事例を通して、「本当に必要だったもの」を適切に切り分けて実装し、目的を達成するための知見を、ネットワークとソフトウェアにおける相互接続性という観点からお話しいたします。
Speaker

東京大学 情報基盤センター 助教 /

Interop Tokyo ShowNet NOCチームメンバー

中村 遼

閉じる