• ライブ配信あり

  • オンデマンド配信あり

A08-04

6.18(金) 16:40-18:00 | オンライン配信

×

政府のネットワーク改革とゼロトラスト戦略

「働き方改革」「テレワーク」「デジタルトランスフォーメーション」など、いずれもインターネットの活用無くしては実現できません。政府においても、「柔軟な働き方の推進」「テレワーク環境の整備」にむけ、「ネットワーク環境の見直し」に着手しています。とくに府省間接続やインターネットアクセスに使用するネットワークなどは、「インターネットの活用」を前提に据え、アーキテクチャを含めて見直しを進めています。 デジタル庁の創設もきっかけとする政府のネットワーク再構築は、「職員の場所にとらわれない働き方を実現するための仕組みづくり」であるのと同時に、「高度化する種々の脅威への対応」に加え、「情報管理の高度化」までをも目指した、「ゼロトラストネットワーク」の実現にむけた取り組みでもあります。 このセッションでは、「政府におけるゼロトラストネットワークの実装方針とその背景にある考え方」、そして「政府ネットワークのねらい」について、デジタル庁の創設に関わったスピーカーから直接紹介するとともに、さまざまなネットワークとの相互接続が求められる「政府ネットワークならでは技術的な課題とソリューション」について討議します。とくに、「オーバーレイネットワーク」「IPv4/6」「NAT越え」「混在するSLA」など、これからのネットワーク設計のヒントになる情報を提供します。
<要旨>

・変わる政府のネットワーク利用と広域ネットワークインフラ ・政府が推進するゼロトラストネットワークとは ・オーバーレイネットワークと挑戦

  • ネットワーク
Chair

東京大学大学院

情報理工学系研究科
教授

関谷 勇司

Speaker

(共)自然科学研究機構 国立天文台

情報セキュリティ室 次長

大江 将史

2003年、奈良先端大情報科学研究科博士課程了 同年、文部科学省国立天文台(現:自然科学研究機構国立天文台)に着任 現、情報セキュリティ室次長 2019年慶應義塾大学特任准教授(併任)、2020年内閣官房政府CIO補佐官(併任) 情報セキュリティ、Wi-Fi、ゼロトラスト、広域分散ストレージ、衛星通信などの研究に従事。

Speaker

日本マイクロソフト(株)

業務執行役員
ナショナルテクノロジーオフィサー

田丸 健三郎

1992 年マイクロソフト入社。 米国 Microsoft Corporation(Redmond)にて、主にメッセージングシステム、ディレクトリサービス、及びグローバル分散処理システムの研究開発を担当。 機械学習によるルーティングの最適化、コミュニケーションデータ(自然言語)の分析、モデル化に従事。 その後、アジア地域(日本、台湾、韓国、中国)におけるサーバーアプリケーション製品群の研究開発グループ統括責任者を務めた後、 2009年 10 月より業務執行役員 ナショナルテクノロジーオフィサーに就任後は、エンタープライズ、クラウドアーキテクチャ、ドキュメントフォーマット、 文字コードなどの標準化および機械翻訳などに携わり現在に至る。

Speaker

船橋市役所

情報システム課
課長補佐

千葉 大右

1994年船橋市役所入庁。市民税課、情報システム課、戸籍住民課等を経て、2020年から現職。 2020年にNPO法人デジタルガバメントラボを設立、代表理事を務める。 総務省地域情報化アドバイザー(2018~) 総務省「地方自治体のデジタルトランスフォーメーション推進に係る検討会」構成員(2020~)

閉じる