• オンデマンド配信あり

E81-03

×

残席僅か

AIカメラを題材にひも解く「エッジ」に求められる機能

※本講演のオンデマンド配信期間は【2021年7月5日(月)10:00〜7月16日(金)17:00】となります。

提供株式会社ソラコム

モノをネットにつなげることで、あらゆる現場をデジタル化するのが「IoT」です。特にカメラは「撮影」することでデジタル化できる事からIoTで多用されます。一方で、画像データは通信を圧迫しがちであるため解決策として、カメラ側でAIや機械学習による処理結果のみをクラウド連携する「エッジコンピューティング」が登場しています。GPUや機械学習フレームワークの活用に注目が集まりがちですが、実はそれだけではエッジコンピューティングは成立しません。本セッションではLTE通信内蔵のAIカメラ「S+ Camera Basic」を題材に、エッジコンピューティングを実現するために何が必要なのかを考えていきます。
  • オンデマンド配信あり
Speaker

(株)ソラコム

テクノロジー・エバンジェリスト

松下 享平

IoTの活用事例を通じて、SORACOMのサービスを企業や開発者に利用いただくための講演や執筆活動を担当。90年代のISP事業支援をキャリアスタートとし、2000年にはLinuxサーバーメーカーにて情報システムやEC事業を担当。2015年からはIoTの事業開発をリードしてメガクラウドとの協業や、省電力通信を活用した先駆的なIoT導入事例に関わる。2017年3月より現職で、登壇回数は延べ400以上。共著に『IoTエンジニア養成読本』(技術評論社)、『公式ガイドブック SORACOMプラットフォーム』(日経BP社)がある。1978年生まれの静岡人、座右の銘は「論よりコード」

閉じる