• オンデマンド配信あり

E72-03

出展社セミナー

×

データ社会の実現に向けたDATA-EXとは

※本講演のオンデマンド配信期間は【2021年7月5日(月)10:00〜7月16日(金)17:00】となります。

提供⼀般社団法⼈データ社会推進協議会

CPS(Cyber-Physical System)においては、さまざまなデータが分野を超えて連携し、イノベーションを持続的に起こすことが期待されています。我が国では、データ連携を実現する産官学を超えた参加者によるデータ社会推進協議会(DSA)が設立され、分野を超えたデータ連携基盤として、DATA-EXの構築と運営が進められています。また、DXによる豊かな社会モデルとして、スマートシティ/スーパーシティ構想が全国で取り組まれていますが、その活力としてデータ流通、活用が重要な役割となります。本公演では、DSAの取り組みとDATA-EXの概要を解説します。
  • オンデマンド配信あり
Speaker

(一社)データ社会推進協議会

事務局長

眞野 浩

1993年にルート株式会社を設立。デジタル無線通信機器や、高速インターネットを実現する無線IPルーターを開発し、地域情報化や学校ネットワーク等への導入を促進。2010年よりIEEE802.11 FIA-SG, TGai chairとして国際標準化活動を行い貢献が評価され総務大臣より情報通信技術賞を授与される。2014年シリコンバレーでEverySense,Inc.を創業しIoT情報流通プラットフォームを開発。国内ではエブリセンスジャパン株式会社として事業展開。企業経営の傍ら、無線通信、インターネット、データ流通などの分野において国内外で国際標準化、政策提言などに従事してきた。2017年内閣府、総務省、経産省の協力により産学官を越えたデータ流通の推進を目的に、一般社団法人データ社会推進協議会の発足に関わり、2018年より現職。内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)AIホスピタルによる高度診断・治療システム担当SPD、トリノG7 ICT大臣会合のI-7 Innovators’ Strategic Advisory Boardメンバーなど。工学博士。2020年06月よりIEEE P3800 Data Trading System WGチェア。

閉じる