• ライブ配信あり

D3-02

7.15(木) 13:50-14:30 | オンライン配信

×

DXを加速するモダナイゼーション!クラウド活用がビジネス変革への鍵

提供NEC

現在、多くの企業が所有する ITインフラは長年の運用を経て老朽化しており、さらに日々進化するテクノロジーへの対応により複雑化しています。 結果として貴重な自社のIT人材がインフラの監視や障害対応に追われ、本来注力すべきデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に影響が及んでしまっています。激しく変化するビジネス環境への対応、企業競争力の向上、生産性向上、IT人材不足の解消など、これらの課題に対応するためにはDXへの取り組みが必要不可欠といえます。まず最初に取り組むべきは、レガシーシステムで扱っていた業務とデータを、時代の要請に応えるシステムへと変える情報資産化の取り組みです。これを「モダナイゼーション」と呼びます。 本セミナーでは、DXに向けたシステム環境を整えるため、時代が求める「モダナイゼーション」を進めるための押さえておきたいポイント。そして、クラウド活用による効率化、次世代ITインフラへの刷新といったモダナイゼーションについてユースケースを交えながら解説いたします。

日本電気(株)

サービスプラットフォーム事業部・マネージャー

堀口 智也

日本電気(株)

プラットフォームソリューション事業部・エキスパート

藤沼 博人

閉じる