• オンデマンド配信あり

B3-03

テーマ別セミナー

×

DXの成否を左右するEDA(Event Driven Architecture)の活用

※オンデマンド配信期間【2021年11月29日(月)10時〜12月3日(金)17時】

デジタルトランスフォーメーション(DX)の成否は、IoTの活用で市場のデマンドを細かく拾いリアルタイムにサービスで応えることができるか否かで決まる、といっても過言ではありません。スマートシティにおいても、来訪者の動きや施設の状況からリアルタイムにサービスを展開する必要があります。しかしながら、こうしたリアルタイムな仕組みが作れずにデータを蓄積し分析フェーズで行き詰まるプロジェクトが散見されます。その原因は、リアルタイム性の実現のためにデータベースを使わずに多種大量のセンサーから非同期に発生し続けるデータフローを複合処理することが困難だからです。本講演では、DXへのEDA適用方法についてご紹介します。
  • スペシャルセッション
Speaker

EDAコンソーシアム 運営委員長

/ Vantiq(株)代表取締役社長

川北 潤

1959年7月東京生まれ。中央大学商学部卒。1985年LANの老舗であるアンガマン・バス株式会社(米国Ungermann-Bass,Inc.の日本子会社)へ入社。1989年 ネットワンシステムズ株式会社(Ungermann-Bassと三菱商事の合弁)へ移籍。1994年 MVP株式会社(現・セイムクリック株式会社)設立および代表取締役社長就任。2016年 アライドテレシス株式会社 専務取締役。2019年VANTIQ株式会社 代表取締役社長就任。 執筆: ネットデフレ(マイナビ新書)、他

問い合わせ情報

閉じる