• オンデマンド配信あり

D2-02

テーマ別セミナー

×

モデルベース開発の”かしこい”活用法
~上流設計におけるモデルベース開発の使いどころについて~

※オンデマンド配信期間【2021年11月22日(月)10時〜12月3日(金)17時】

提供東芝情報システム株式会社

自動車業界が中心となってモデルベース開発の推進をのための「MBD推進センター」(JAMBE)が発足され、ますますモデルベース開発の重要度が増している。しかし、ソフトウェアの開発を担うエンジニアリング会社ではモデルベース開発の良いところが使い切れていない状況である。本セミナーでは、エンジニアリング会社がモデルベース開発を”かしこく”使うをテーマに特に上流設計にフォーカスし解説を行う。
  • 設計検証ツール
Speaker

東芝情報システム(株)

技術マーケティング部 主幹

三島 隆司

1986年 東芝情報システム株式会社に入社、2000年にハイブリッド自動車(HEV)のソフトウェア開発に参画。HEVソフトウェア開発業務の中でMATLAB/Simulinkの活用を始めた。現在は、モデルベース開発のための各種ツール(自社製品)の開発、および、自社のモデルベース開発ソリューションビジネスの企画・推進を行っている。

問い合わせ情報

  • 企業/部署東芝情報システム(株) 営業統括部
  • 住所神奈川県川崎市川崎区日進町1-53

閉じる