B2-11

10.5(水) 17:20-18:00 | RoomB

×

"変わる"セキュリティに対応するためには?
~JTAGスキル可視化を利用した人材活用術~

  コロナにより世の中は大きく変わりました。テレワークなどによる場所を問わない働き方の変化や、企業としては働き方の変化を踏まえたDX化が当たり前のように求められる社会になってきました。この変化によりセキュリティの在り方も変わっていく必要があります。そのためにはセキュリティを担当する『人』も変わっていかなくてはなりません。変化のスピードに対応していくために、『人』の変化も効率化していく必要があります。JTAGは中長期的には人材の流動化を目指し、まずは社内外における適材適所の実現によるセキュリティ人材の充足化を目指しています。今回は、JTAGスキル可視化の活用事例の紹介、人材流動化に向けた取り組みを紹介します。
  • 人材育成
  • その他

(一財)日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(JTAG財団)

企画委員会委員長(Modis(株))

玉川 博之

閉じる