D3-07

10.6(木) 13:55-14:35 | RoomA

×

残席僅か

パスワードのいらない世界へ
~マルチデバイス対応FIDO認証資格情報(パスキー)を中心とした最新動向~

  従来のパスワードに依存しない新たな認証の仕組みが求められている中、FIDOアライアンスはセキュリティとユーザーの利便性の両立をめざし、公開鍵暗号方式を活用したシンプルで堅牢な認証技術の仕様策定と認定プログラムの標準化、そして普及に努めています。 フィッシング耐性のあるFIDO認証はいよいよ本格的な普及段階を迎え、多くの国内企業が提供するサービスへのログインや決済でFIDO認証が利用可能です。既にGoogle Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Safariの各主要ブラウザはFIDO2/Web認証に対応し、様々な環境でFIDO認証を利用する環境が拡大しています。 Apple、Google、Microsoftも対応を表明したマルチデバイス対応FIDO認証資格情報(passkeys、パスキーとも呼ばれている。 [以降、パスキーとします])のサポートにより、今年末から来年に向けFIDO認証がさらに使いやすい環境が整うことが期待されます。 本セッションでは、FIDO認証の基礎情報から、パスキーの仕組み、現在進行形で議論されているトピックなどをご紹介します。
  • 情報漏洩対策
  • 認証/ID管理
  • フィッシング対策

楽天グループ(株)、FIDOアライアンス

楽天グループ(株)エコシステムプラットフォーム統括部 IDプラットフォーム課
Principal Information Security Specialist / FIDO Japan WG 副座長

板倉 景子

問い合わせ情報

閉じる