A4-11

10.7(金) 17:20-18:00 | RoomA

×

制御システムにおけるサイバー攻撃の脅威とセキュリティ対策強化の取り組み

  制御システムに対するサイバー攻撃の脅威が増大し、供給水の品質汚染未遂、パイプラインの供給停止、ランサムウエア感染による生産ライン停止等、重大な被害を生じるインシデントが発生しています。IoT技術の活用やDX推進を目的として、インターネットに直接的または間接的に接続される制御システムは、想定される脅威や被害、脆弱性等のリスクを正しく認識し、対策の見直しや強化を推進する必要があります。本講演では、IPAが公開する普及啓発資料「産業用制御システムのセキュリティ 10大脅威と対策」や「スマート工場のセキュリティリスク分析調査 調査報告書」等を題材として、脅威動向や対策強化の取り組みについて説明します。
  • 重要インフラセキュリティ
  • その他

(独)情報処理推進機構

セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 脆弱性対策グループ

辻 宏郷

閉じる