OC-10

10.13(木) 17:20-18:00 | RoomC

×

組織の可用性とブリコラージュ

ブリコラージュとは社会人類学者クロード・レヴィ=ストロースが氏の著書「野生の思考」などで言及した表現で、要素に備わる本来の用途と関係なく様々な要素を組み合わせることにより、一時的にであれ要求を満足する系を作ることを意味します。情報システムのセキュリティにおいても、ある目的を達成するためにどこからか持ってきた「それを達成する (であろう) もの」を据え付けるのではなく、既に自分たちが持っている資源の組み合わせにより一時的にであれその問題に対応することは、時として可能です。しかしその意義は一定数の人が軽視するよりも、よほど大きなものなのかもしれません。そんなお話を連想ゲームのように思想を飛躍させながら漫談させていただきます。
  • 人材育成
  • 働き方改革
  • その他

近畿大学

准教授

柏崎 礼生

閉じる