KB1-03

11.16(水) 13:00-13:45 | アネックスホール F205

×

基調講演

リテールDXを促進する最新データ基盤「論理データファブリック」とは

提供Denodo Technologies 株式会社

社内外に分散するデータをAIやBIツールを使用してビジネスに活用し、競争優位を確立することが求められる今、リテールDXを促進するデータ基盤の構築が重要です。セキュリティやガバナンスを保ちつつ、迅速に最新のデータを収集・統合し、AIやBIツールに提供するデータ基盤が必要です。本セッションでは、いま最も注目されている最新データ統合基盤「論理データファブリック」ならびにデータ仮想化技術により、この論理データファブリックを実現するDenodo Platformについて、国内外の事例・ユースケースとともにご紹介します。
  • AI
  • Retail AI Expo
Speaker

Denodo Technologies(株)

ソリューション・コンサルタント

菊池 智功

データベースエンジニアとしてのキャリアを開始後、ヒューレット・パッカード、テラデータ等で数々のプロジェクトをコンサルティングし成功の一役を担う。インフォマティカでは多数のデータ統合プロジェクトに従事し、グローバルでのデータ統合を含むソリューションの実現に貢献、現在に至る。

問い合わせ情報

  • 企業/部署Denodo Technologies 株式会社 マーケティング
  • 住所東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル SPACES 1F
  • TEL03-6841-3851
  • URLhttps://www.denodo.com/ja

閉じる