KC3-04

11.18(金) 13:00-14:30 | アネックスホール F206

×

特別講演

残席僅か

「先進企業が仕掛けるDXの本質」
~なぜあの企業はDXで成功しているのか~

デジタル変革(DX)は、いまやどの企業にとっても避けては通れない取り組みであるが、既存事業を抱える多くの日本企業は、「両利きの経営」の必要性は理解しながらも進め方で悩まれるケースも少なくいない。本セッションでは、富士通で初めてのデジタル部門を創設し、デジタル人材の育成やサービスの開発に取り組んだ経験を踏まえ、多くのDX先進企業での取り組み事例を紹介するとともにセッションの後半では、「DXの本質とは何か?」「DXリーダーが取り組むべき課題と対応方法」についてディスカッションしていきたい。
  • DX・ビジネス戦略
Speaker

富士通(株)

デジタルビジネス推進室
エグゼクティブディレクター

柴崎 辰彦

香川大学客員教授 富士通株式会社デジタルビジネス推進室 エグゼクティブディレクター 富士通株式会社にてネットワーク、マーケティング、システムエンジニア、コンサル等、様々な部門にて“社線変更”を経験。富士通で初めてのデジタル部門の創設やサービス開発に取り組む。CRMビジネスの経験を踏まえ、サービスサイエンスの研究と検証を実践中。コミュニケーション創発サイト「あしたのコミュニティーラボ」「Digital Innovation Lab」「FUJIHACK」を立ち上げ、オープン・サービス・イノベーションを実践 。サービス学会発起人 。日本ナレッシジマネジメント学会、情報処理学会、電子情報通信学会、大学等で講演多数。 著書『勝負は、お客様が買う前に決める!』(ダイヤモンド社)。

Speaker

京都大学経営管理大学院 客員教授 /

オムロン(株) イノベーション推進本部 シニアアドバイザー

竹林 一

京都大学経営管理大学院 客員教授 オムロン株式会社イノベーション推進本部 シニアアドバイザー “機械に出来ることは機械にまかせ、人間はより創造的な分野での活動を楽しむべきである”との理念に感動して立石電機(現オムロン)に入社。以後新規事業開発、事業構造改革の推進、オムロンソフトウェア代表取締役社長、オムロン直方代表取締役社長、ドコモ・ヘルスケア代表取締役社長、オムロン株式会社イノベーション推進本部インキュベーションセンタ長を経てイノベーション推進本部シニア・アドバイザー。京都大学経営管理大学院客員教授として「100年続くベンチャーが生まれ育つ都」に向けた研究・実践を推進する。日本プロジェクトマネージメント協会特別賞受賞、同協会PMマイスター。その他一般社団法人データ社会推進協議会理事他、政府、経済団体関連各種委員会の諮問委員を務める。著書に「たった一人からはじめるイノベーション入門」「モバイルマーケティング進化論」「PMO構築事例・実践法、利益創造型プロジェクトへの三段階進化論」等がある。

閉じる