TS2-02

11.17(木) 12:00-13:30 | アネックスホール F201

×

テクニカル

事業会社とテックスタートアップによる協創型DX推進

効率的/効果的なDX推進のためには、デジタル/ITおよびデザイン思考などイノベーション創出活動の内製化が必要と言われている。しかし、日本の多くの事業会社はDXを推進できるデジタル人材、IT人材、イノベーション人材を抱えていない。急に外部から採用することは難しく、またIT業界からなどの転職組だけでは事業を知らないためうまくいかないケースも少なくない。 本セッションでは、これらの課題解決に向けた、事業会社とテックスタートアップによる協創型でのDX推進スキームを提案する。
  • リーン&アジャイル
  • DX・ビジネス戦略
Speaker

クリエーションライン(株)

代表取締役

安田 忠弘

2000年にソフトバンクグループへ入社した後、2006年に独立してクリエーションラインを設立。「HRT+Joy」を企業理念として、アジャイル開発支援サービス事業、サブスクリプション事業を展開する。クラウド、OSS、アジャイル、DevOpsなどについて多くの経験と知識を有する技術者230名を率いる。IT技術を活用した事業価値創造/向上に寄与するTechスペシャリスト集団として、各業界でも有数の事業会社(株式会社デンソー、株式会社ヨドバシホールディングス)と資本業務提携を行い事業を拡大中。

Speaker

Design for ALL(株)

取締役 Chief Ethnography Officer

後藤 真理絵

Founder of Design for All, Chief Ethnography Officer 広告制作会社、マーケティングリサーチ会社を経て、インターネットメディア企業にて、クライアント企業向けビッグデータ分析プロジェクトでPMと分析業務を主導。現在は、教育・人材サービス事業会社にてデータサイエンティストとしてデータを活用したデータプロダクト開発やサービスエンハンスに従事。 2018年に、副業としてDesign for ALLを設立。ユーザーインサイトと問題発見のための手法をメイン領域としつつ、サービス化、ビジネス化、マーケティングまでをデザインするメソッドの開発と研究を行う。2016年に PARC(Palo Alto Research Center) Certified Fieldworker 取得。大学や企業向けワークショップにてエスノグラフィやインタビューなど定性的な観点からのユーザーインサイト発見の講義を担当。

問い合わせ情報

閉じる