TS2-03

11.17(木) 14:00-15:30 | アネックスホール F201

×

テクニカル

残席僅か

ビジネスを変えるデータサイエンス

「データサイエンティスト」という職業が注目をあびるようになってきています。ビジネスの世界において、単にデータを分析するだけではなく、データをもとに将来を予測し、何をすべきかまで示唆できるようになり、データサイエンスがビジネスを変えるようになってきました。 本講演では、データサイエンスがビジネスにどのような影響をしているのか、データサイエンティストはどんな仕事をしているのか、データサイエンスの将来性などについて、具体的な事例をもとに説明します。さらに、ビジネスの世界で応用できるデータ分析の手法・アルゴリズムの最新事例なども紹介します。
  • AI
Speaker

(株)野村総合研究所

データサイエンスラボ長

塩崎 潤一

1967年生まれ。筑波大学社会工学類卒業。1990年、野村総合研究所入社。専門分野はマーケティング戦略、数理解析・数理モデル、生活者の価値観など。同社にてデータサイエンスを活用した新規事業の立ち上げに責任者として関与。主な著書に『データサインティスト入門』、『第三の消費スタイル』、『変わりゆく日本人』など。2019年より(社)データサイエンティスト協会の理事も兼ねる。

問い合わせ情報

  • 企業/部署株式会社野村総合研究所 データサイエンスラボ
  • 住所東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

閉じる