A2-02

11.17(木) 11:30-12:15 | 展示会場内セミナー Room A

×

テーマ別セミナー

ソフトウェアファースト⼈財の育成戦略(保有⼈財のリスキリング)

昨今のモビリティ開発においては⽬まぐるしく変化する技術⾰新にあわせ、新たに発⽣する業務への柔軟かつ速やかな適応が求められてい ます。また新たな技術領域を対応できる技術者の不⾜を考えた場合、既存戦⼒を育成(リスキリング)することで、より効率的に⼈材を活⽤ することが可能になります。 愛三⼯業は⾃動⾞部品メーカーとして80年以上にわたり、様々なニーズの変化に対応するため、ひたむきに技術を磨き、成⻑を遂げてきま した。100年に1度と言われる⼤変⾰期を迎えている⾃動⾞業界において、愛三⼯業では従来の高度な技術・技能を保有する⼈財に対して新た にデジタル関連技術を⾝につける機会を提供し、ソフトウェアファースト⼈財の育成を推進しています。本講演では愛三⼯業が取組んでいる 既存⼈財のリスキリング戦略とその実施状況について、ご紹介します。
  • リスキリング
Speaker

愛三⼯業(株)

電動システム開発本部
本部⻑

福森 英夫

⼤⼿グローバルIT企業にて⾃動⾞関係のシステム構築に携わった後、搬送機メーカにて物流システムエンジニアリング、計測制御システムの開発に携わる。トヨタ⾃動⾞⼊社後、⾃動運転電⼦システムの開発に従事し、電⼦システム、ECUハード、ECUソフトの開発責任者を務める。現在は愛三⼯業㈱に出向し、主に新規電動化製品(DCDCコンバータ、モビリティ部品など)の開発事業を推進。

閉じる