E2-01

11.17(木) 10:30-11:15 | 展示会場内セミナー Room E

×

テーマ別セミナー

脳型AI「ゆらぎ学習」とゆらぎ学習を用いた汎用データ分析基盤「YGAP」概要紹介

提供国立大学法人 大阪大学

本講演では大阪大学における脳科学研究者・認知科学研究者・情報科学研究者が連携して実現したヒト脳の認知機能に倣う人工知能「ゆらぎ学習」と、「ゆらぎ学習」を用いた汎用データ分析基盤「YGAP」の概要を紹介します。
  • AI
Speaker

大阪大学

大学院情報科学研究科 教授・NECブレインインスパイヤードコンピューティング協働研究所 副所長

加納 敏行

1981年NEC入社後、各種通信システムLSI、光通信システム、インターネットスイッチ・ルーターの開発・開発プロジェクト統括を担当。 2006年~2011年NECシステムプラットフォーム研究所所長、2011年~2018年NEC中央研究所主席技術主幹を歴任、現在、大阪大学NECブレインインスパイヤードコンピューティング協働研究所(NBIC)副所長、大阪大学大学院情報理工学系研究科教授およびNECデータサイエンス研究所シニアチーフエンジニアとして脳型コンピューティング技術の研究開発を担当

問い合わせ情報

閉じる