X1-06

11.16(水) 15:30-16:15 | アネックスホール F202

×

テーマ別セミナー

残席僅か

未経験のITエンジニアがアジャイル開発で内製化したら大変な目にあった話

近年、DX推進が加速する中で、 ダイキン工業ではアジャイル開発に取り組んでいます。当初アジャイル開発に造詣が深いエンジニアが不足していたため、未経験でも学習する意欲があるメンバーを集めてプロジェクトをスタートしました。動作するシステムをすぐに見せる事でフィードバックが得られ、順調に進んでいると思われましたが、開発が進むにつれて様々な課題が浮き彫りになりました。本日は、実際のプロダクト事例と施策を交えながら、苦労したこととその解決方法、また現在の開発体制やチーム文化についてご紹介します。
  • DevOps
Speaker

ダイキン工業(株)

テクノロジー・イノベーションセンター
開発チームリーダー

森鳰 武史

インフラ・バックエンドエンジニア(Python/TypeScript/AWS)。2016年、ダイキン工業株式会社入社。テクノロジー・イノベーションセンターにて3年間データサイエンティストとして従事。2019年、エネルギーマネジメント領域のDXチームを立ち上げ、IT化により業務改革を実現し、翌年に事業部門と共に新規商材としてエネフォーカスαをローンチ。開発チームのリーダーとしてプロダクトの運用・改善・発展を継続し今に至る。

Speaker

ダイキン工業(株)

テクノロジー・イノベーションセンター
リードエンジニア

大友 楽人

フロント・バックエンドエンジニア(Python/TypeScript/Vue.js/AWS)。2019年、ダイキン工業株式会社入社。「ダイキン情報技術大学」の2期生としてAI・データ活用について学ぶ。2020年からはDXチームのリードエンジニアとして、インフラ周りからフロントエンドまでサービス全体の開発をリード。広く深くをモットーに、最新技術に精通したフルスタックなエンジニアを目指す。今後はメンバーの育成や、組織全体のIT技術力の強化にも積極的に取り組んでいく。

問い合わせ情報

  • 企業/部署ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター
  • 住所〒566-8585 大阪府摂津市西一津屋1番1号
  • TEL06-6195-7051
  • URLhttps://www.daikin.co.jp/tic

閉じる