YE1-03

6.12(水) 14:40-16:00 | RoomYE

×

汎用人工知能(AGI)がもたらすインパクト
〜私たちはどう生きるか〜

ChatGPT 4, Claude 3, Geminiなど、昨今の大規模言語モデル(LLM)や、それを用いたサービスの社会的受容に伴い、人工の汎用知能(一般知能)、すなわち AGI (Artificial General Intelligence) への期待や恐れ、議論が今までに増して活発になってきています。 本セッションでは、技術の正確な理解をベースに、AGIの存在が前提となるとき、私たちの自由や安全、現実・欲求・価値がどのように変化するのか、そして事業や労働や経済はどう変わりうるのかを参加者の皆さまとともに考えます。
<要旨>

●AGIとは何か ●事業・労働・経済へのAGIのインパクト ●人間の現実・欲求・価値に起きうる変化 ●AGIの存在が前提となる将来の世界で私たちはどう生きるか

  • AI / 生成AI
Speaker

(国研)理化学研究所 生命機能科学研究センター チームリーダー /

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

高橋 恒一

2004年慶應SFCで学位取得後、分子科学研究所(米国バークレー市)HFSPフェローなどを経て2009年より理化学研究所で研究室を主宰。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授、同大環境情報学部特別招聘教授、大阪大学大学院生命機能研究科招聘教授、などを兼務。AI社会論研究会共同発起人として高度な情報技術と社会・人間性の関係についても興味を持ち、一般社団法人AIアライメント・ネットワーク代表理事も務める。テック系ベンチャーの育成にも力を注ぎ、RBI株式会社最高情報責任者(CIO)、エピストラ株式会社共同創業者、株式会社MOLCUREチーフ・アーキテクトなどを歴任。科学技術振興機構未来社会創造事業「ロボティック・バイオロジーによる生命科学の加速」課題研究開発代表者。

Speaker

立教大学大学院

人工知能科学研究科 特任教授

三宅 陽一郎

Chair

早稲田大学大学院

経営管理研究科 教授

斉藤 賢爾

閉じる