K1-03

7.11(木) 13:00-13:45 | Room2-3

×

基調講演

残席僅か

生成系AIが革新する組込みシステム開発の未来

Speaker

東洋大学

情報連携学学術実業連携機構
(INIAD cHUB)
機構長

坂村 健

1951年東京生まれ。 工学博士、東京大学名誉教授。IEEEライフ・フェロー、ゴールデンコアメンバー。 2002年1月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所長。 オープンなコンピュータアーキテクチャTRONを構築。現在TRONはIoTのためのIEEE(米国電気電子学会)標準組込OSとして世界中で多数使われており、2023年「TRONリアルタイムOS ファミリー」 がIEEE Milestone として認定された。 2015年ITU(国際電気通信連合)創設150周年を記念して、情報通信のイノベーション、促進、発展を通じて、世界中の人々の生活向上に多大な功績のあった世界の6人の中の一人としてITU150Awardを受賞。 2023年 IEEE Masaru Ibuka Consumer Technology Award受賞。 他に2006年日本学士院賞、2003年紫綬褒章。著書に『DXとは何か』、『IoTとは何か』(角川書店)、イノベーションはいかに起こすか』(NHK出版)など多数。

閉じる