J2-03

7.12(金) 12:15-13:00 | Room9

×

JASAセミナー

Society5.0の実現へ向けたエッジテクノロジーの役割

コモングラウンド委員会では、IoTを進展させたSociety5.0を実現するための技術調査や課題解決方法について組込みの視点で議論している。本セミナーでは、コモングラウンド、デジタルライフラインなどの次世代社会実現向けた仕組みの概要とフィジカル空間とサイバー空間を接続する際の組込み側の役割や、産業横断のデータ連携の必要性、シミュレーション環境(箱庭)を活用したデジタルツイン検討事例など委員会の活動成果について発表する。
  • エッジコンピューティング
Speaker

(株)クレスコ

IoT&モビリティ事業部
エマージングテクノロジーオフィス
室長

國井 雄介

株式会社クレスコ入社後、デジタル情報家電の組込みソフトウェア開発を長く経験。その後、センサフュージョン技術、先進運転支援システムの研究開発プロジェクトに従事。現在は、エマージングテクノロジーオフィス室長として、事業部横断の技術サポート、教育、サービスビジネスの立ち上げを行っている。 また、社内外の技術研究活動にも多く参加しており、JASA以外にもTOPPERSプロジェクト箱庭WGなどで活動中。

問い合わせ情報

閉じる